上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルウェアをなくすにはお金をなくしてしまえばいい、という話

オンラインゲームのパスワードを盗むことに特化したマルウェアが増加している。これらはRMTの仕組みを利用して現金収入を得る事が目的なので、RMT自体を無くせばこれらのマルウェアも無くなる。(オンラインゲーム以外を標的にしたマルウェアもあるが)でも、世の中からRMTを消滅させる事なんて現実的には不可能でしょ、という話。

確かに全てのMMOからRMTを消し去る事は現実的に不可能だが、個別のMMOに関しては不可能ではない。

私は、この部分を読み違えてちょっと的外れな議論をコメント欄で始めてしまっているが、敢えてそのコメント欄での議論の続き。
[BOTをなくすにもRMTをなくしてしまえばいい、という話]の続きを読む
スポンサーサイト
IRCでの会話から。

・カルネージハートに足りなかったのはネットによる繋がりだ
(PS版カルネージハートが念頭にある)
・高校生を対象にカルネージハートで授業したらプログラマが増えそう
・「ビーム連射して熱暴走で自滅する事からカルネージハートは始まるんだ」
・OKEのロジックを「ふっかつのじゅもん」形式で表現すると何文字ぐらいいるんだ
・カルネージハートがDSに移植されたら(極一部で)盛り上がりそう
・電車でカルネージプログラミングができる
・電車で偶然出会ったカルネージプログラマと対戦できる
COBOL男的なロマンスの展開

今気づいたけどPSPに移植されてるんですね、カルネージハート。

++ Carnage Heart Portable official website ++
RFonline

rf1.jpg


アクレシアの火力は世界一チイイイイ!!


 MMOのスタートアップ時期というのは、そのMMOの文化やローカルルールが形成される時期でもあります。これを見ているのが、結構楽しい。

 例えば横殴り(一匹の敵を複数人が同時に攻撃してしまう事故)に関するルールも、MMOによってだいぶ違ってきます。ROの場合は比較的横殴りには厳しい文化で、横殴りが発生した場合は謝罪のエモーション(感情を表現するアイコン)の一つでも出すか、オープンチャットで相手に一言、詫びを入れないと非難されるケースも往々にしてあります。

 RFの場合はROに比べると、横殴りに関しては比較的寛容な文化が形成されているように感じます。(クエスト対象のモンスター等例外はある)これには、

・視点がキャラクター見下ろし型で周囲の状況が把握しやすいRO、キャラクター視点のため周囲の状況を把握しにくいRF

・気軽に意思表示ができるエモーション機能が存在するRO、戦闘をしながら気軽にチャットをするには少し操作が煩雑なRF

といったシステム的な要因も有りそうです。横殴りの発生率自体が高く、意思表示操作も若干煩雑なRFで、RO並の厳しい暗黙のルールが形成されてしまうとかなり面倒そうな話です。

 また、同じMMOでも違うサーバだと違う暗黙のルールが育っていたりする事もあります。例えばROで身近な所だとGv(対人戦)関係の暗黙のルールです。この周辺はかなり細かい話になるので内容は挙げませんが、対人戦の情勢を左右する影響力を持った、バグなのか仕様なのか微妙なグレーテクニックの、使用可否についてです。

 ここから逆に各サーバのローカルルールから、そのサーバでのGv状況が推測できるかもしれません。例えば防衛が有利な環境のサーバでは、攻めに関するグレーテクニックに寛容だとか。こういうのも結構面白い。

 MMOをしていて良く感じるイメージは、箱庭の中での社会の縮図です。社会シミュレータというと大袈裟な話になりますが、MMOには、そのMMOのルールに基づいた経済があり、文化があり、対立があり、社会問題があるのです。現実世界におけるその手のプロによる、MMOのこういった部分について書かれたブログをもっと読んでみたいものです。

ゲーム内経済学:(1)経済の要素

なので(2)を楽しみに待っています。
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。