上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「OpenDocumentフォーマット」はオフィス環境の何を変えるのか? (1/2)


[ツール]→[オプション]で、[読み込みと保存]→[全般]にある“XML形式でサイズを最適化する”のチェックをオフにしておくと、改行とインデントにより読みやすいファイルとして出力される。


知らなかった。今まさにOpenDocumentで帳票を出力するための作業をしていて、改行無しのcontent.xmlと格闘していた。もっと早く知っていれば・・。

作っているのは、

webのフォームからデータを入力

MySQLに格納

集計した数字を埋め込んだ帳票(OpenDocument)をダウンロード

みたいなもの。

帳票自体はOpenOffice2.0で作成して、それをZIP解凍。できたファイル一式をサーバ上に置いて、content.xmlだけPHPで動的に生成する感じ。PHPのコードにほとんどそのままごっちゃりヒアドキュメントでcontent.xmlを埋め込んでいます。たぶんもっとスマートにやる方法があるのだろうけれど、とりあえずの所は特に不便も無いので問題なし。
スポンサーサイト
 今さらという話ですが、OpenOfficeの2.0がリリースされています。

OpenOffice2.0ダウンロード
OpenOfficeガイドブック(PDF)
OpenOfficeに関するブックマーク

 以前、1.0.x系を触っていた時は、「これは洗練されるまでは、まだまだかかるなぁ」と他人ごとに思っていたのですが、2.0を触った時の感触はデジャビュ。Firefoxを触った時の「これは今すぐに使える」という感触と同じものでした。

 まずOpenOfficeそのものの使い心地ですが、これは普段MS-Officeを使い慣れているという事を差し引けば、MS-Officeに勝るとも劣らないものです。ただ、やはり細かい部分での挙動については若干異なるため、そこがストレスになるのは確かです。(Calcのセル内改行はCtrl+Enterだよ)

 次にMS-Office形式のファイルとの互換性についてですが、これも1.0.x系に比べるとかなり高くなっているように感じます。Excel、Wordのファイルを適当に開いてみましたが、だいたい9割程度のファイルはほぼそのままの状態でOpenOfficeでの操作ができます。(ただし、Excelのグラフについては表示が崩れた)問題はマクロを利用したプチアプリファイルとAccessファイルぐらいでしょうか。

しかし、自宅のPCにMS-Officeを入れていないという方であれば、まずOpenOfficeを試してみる事をお勧めします。

OOo1.jpg

copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。