上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
meeboで指摘されて気付きましたが、del.icio.us用userContent.cssも消えていました。反応が遅れて申し訳ありません。

userContent.css

使い方等については下記のエントリをご参照ください。

ユーザスタイルシートでdel.icio.usを改造する
スポンサーサイト
以前、ユーザスタイルシートでdel.icio.usを改造するというエントリで、del.icio.usの見栄えを変更するuserContent.cssを公開していたのですが、その後del.icio.us側でユーザインターフェース周りの変更が色々とあり、表示が崩れるようになってしまいました。

その後、現在のdel.icio.usに対応させるためにuserContent.cssを修正したのですが、公開するのを忘れていました。

userContent.css
JSONの何がありがたいのかと言うと、私が理解している範囲だと大きく二点があります。

一つはRSS等と違い、パースしなくてもJavascriptからそのまま使用できるという事。もう一つは、RSS等をJavascriptで取得しようとした場合、外部のドメインからは基本的に取得ができないのに対して、JSONは外部のドメインからそのまま取得できるという事。

前者にも後者にもJSON以外の解決方法もありますが、直にJSONを利用した場合ほど手軽には行かないでしょう。webサービス等でJSON形式のデータが公開されていれば、サーバサイドのプログラミング環境を持っていなくても、Javascriptのみで様々な事が可能になります。

JSON+Javascriptで作成されたサービスの例
Amazon最速検索β

あるURLがdel.icio.usにブックマークされているかどうかを調べるには

http://del.icio.us/url/MD5(url)

を取得すればいい。

たぶん、そのうち使う。
注意:現在のdel.icio.usでSimpl.icio.us再現CSSを使うとたぶん表示が崩れます。
私用userContent.cssの方は現在のdel.icio.usに対応させました。

Greasemonkeyのdel.icio.us用スクリプトを探していたところ、del.icio.usのデザインを変更するスクリプトを見つけました。

Simpl.icio.us

適用してみると、なるほど。デザインの好みはあるかもしれませんが、シンプルで見やすくなったような気がします。ただ、del.icio.usのCSSを書き換えるためだけにGreasemonkeyをインストールするのもなぁ、という向きもあるかもしれません。

usercontent.css - Firefox まとめサイト

Firefox1.5から特定のwebサイトに、前もって設定しておいたCSSを適用させる事ができるようになっているようです。そこでこの仕組み、ユーザスタイルシートを使ってSimpl.icio.usを再現してみました。

copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。