上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今さらという話ですが、OpenOfficeの2.0がリリースされています。

OpenOffice2.0ダウンロード
OpenOfficeガイドブック(PDF)
OpenOfficeに関するブックマーク

 以前、1.0.x系を触っていた時は、「これは洗練されるまでは、まだまだかかるなぁ」と他人ごとに思っていたのですが、2.0を触った時の感触はデジャビュ。Firefoxを触った時の「これは今すぐに使える」という感触と同じものでした。

 まずOpenOfficeそのものの使い心地ですが、これは普段MS-Officeを使い慣れているという事を差し引けば、MS-Officeに勝るとも劣らないものです。ただ、やはり細かい部分での挙動については若干異なるため、そこがストレスになるのは確かです。(Calcのセル内改行はCtrl+Enterだよ)

 次にMS-Office形式のファイルとの互換性についてですが、これも1.0.x系に比べるとかなり高くなっているように感じます。Excel、Wordのファイルを適当に開いてみましたが、だいたい9割程度のファイルはほぼそのままの状態でOpenOfficeでの操作ができます。(ただし、Excelのグラフについては表示が崩れた)問題はマクロを利用したプチアプリファイルとAccessファイルぐらいでしょうか。

しかし、自宅のPCにMS-Officeを入れていないという方であれば、まずOpenOfficeを試してみる事をお勧めします。

OOo1.jpg

[OpenOffice2.0とweb2.0という転機]の続きを読む
スポンサーサイト
 少し前、アスベスト問題が国内で盛んに取り上げられていたのは皆さん記憶に新しい事と思います。しかし、アスベストよりも遥かに危険な物質が私達の身の回りに存在している事をご存知でしょうか?

DHMOとは

・経口摂取で発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常、悪心、下痢、腹痛、頭痛を来すことがある。

・常温では液体だが揮発性があり、密閉しなければ大気中へ拡散してしまう。

・DHMOは金属の腐食プロセスを加速する。特に鉄には顕著な錆を生じさせ、工業製品などに多大な悪影響を及ぼす。また、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。

・液体のDHMOを呼吸器系に吸引すると急性の呼吸不全を引き起こすことがある。

・大量に摂取すると痙攣、意識障害等の中毒症状を引き起こし、最悪の場合死に至る。

・妊婦がDHMOを摂取すると、胎児にも胎盤を通じて体内に入り込むことが確認されている。また、世界の主要な都市圏に住む女性の母乳中からは85%以上の割合で高濃度のDHMOが検出されることが知られている。

・重度の熱傷の原因であり、固体の状態のDHMOが長時間人体に触れていると体組織障害を起こす。

・空気中のDHMOは発汗による体温調節機構の働きを阻害する。このためDHMOの濃度が高い環境にいると独特の不快感がある。

・旧ソビエトでは1986年4月26日に、チェルノブイリ原子力発電所4号炉が大事故を起こした。これは原子炉内で用いられていたDHMOが、その特性により多数の圧力管を破裂させ火災を招いたものである。

・既にDHMOを弾体の代りとする銃は実用化されており、製造が比較的簡単で安価なため、多くの国では未成年者、場合によっては児童にさえ入手可能である。また、これを大型化して車載したものも開発されており、1970年代頃までは日本においても反政府デモの制圧などに使用されていた。


ここまで読んだだけでもぞっとする話ですが、ここに挙げた事柄はDHMOが私達に与える影響のほんの極一部にしか過ぎません。
PHPがBOM付きUTF-8をうまく処理してくれない件に続いて文字コード絡みの話。

私がプライベートで使っているSBM、FC2ブックマーク最新4件のブックマークを表示するブログパーツも提供しています。

ところが、Firefoxで私のブログを開くとこのブログパーツのブックマークタイトルが文字化けを起こす。しかし取り込んでいるjavascriptを直接開くと、何故かこれはちゃんと化けずに表示される。

私のブックマークパーツで取り込んでいるjavascript

で、化けている時に何が起きているかというと、取り込んでいるjavascriptはEUC-JPで記述されているのだけれど、FirefoxがこれをISO-8859-1でエンコードしているために表示が崩れている。ただしブログ本体の部分はEUC-JPで記述されていて、ちゃんとEUC-JPでエンコードされて表示されている。(ブログ本体のレスポンスヘッダでもMETAタグでもEUC-JPが指定されている)ピンポイントに取り込んだブックマークパーツの部分だけISO-8859-1でエンコードされてしまうわけだ。なんでやねん。

ここまで読むとFirefoxの不具合じゃないの(IEでは化けないし)、と思いそうになるのだけれどちょっと待って欲しい。
 最近UTF-8でWAMP(Windows+Apache+MySQL+PHP)環境を再構築しているのだけれど、セッション絡みのページがエラーを吐いて詰まってしまいました。

エラーメッセージは、Warning: Cannot modify header information - headers already sentうんたらかんたら。あんさん今からheader送ろうとしてるけど、もう既にheader出力してるやないとか何とか。

問題のコードはこんな感じ。

1行目 <?php
2行目 session_start();

いや、何も出力してないし。

1行目 <?php session_start();

こんな事もしてみたけどやっぱり同じエラーが1行目で検出される。

それで色々調べてみると、これはPHPのバグらしい。

Bug #22108 php doesn't ignore the utf-8 BOM

対象OSは全て、対象のPHPバージョンは全て、StatusはWont fix。

UTFについてはここが参考になった。

UTFとは何か

つまり、UTF-8と呼ばれているものにはBOM(Byte Order Mark、Little EndianかBig Endianかを区別するために先頭につけられるビット列)付きUTF-8とBOM無しUTF-8(UTF-8n)があり、PHPはこのBOM付きUTF-8のBOMをちゃんと処理(無視)してくれないという事。

1行目 <?php
2行目 session_start();

だと思っていたけれど、実際にはソースは

1行目 BOM(EFBBBF)<?php
2行目 session_start();

となっていて、このBOMをPHPがheaderと勘違いしてギャーギャー言っていたというわけだね、明智君。

というわけで、とりあえずファイルを全てUTF-8nで保存し直す事でエラーはでなくなり二時間の苦悩から開放されました。めでたしめでたし。
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。