上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ndキャラがLv35になったので達人チャンネルにデビューしました。最近はプロチャンネルが満員でフリーチャンネルで遊んでる事が多かったのですが、まだ比較的人口の少ない達人チャンネルに入れるようになったので今後はこっちがメインになると思います。

やはりプロチャンネルよりレベルが高く、プロチャンネルだとデスマッチのkill/dethが2?1.5ぐらいなのに対して、達人チャンネルだとkill/dethは1前後になりそうです。

tatuzin.jpg


ただこれはDMでの話であって、TDMだと恐らく悲惨な成績だと思います。ここのTDMでkill/dethが2前後出せるようになるとトップランカーの域でしょうか。
スポンサーサイト
注意:FC2ブログではアップロードするファイルに対して拡張子による制限があります。GunZリプレイファイル本来の拡張子は .gzr ですが、この制限を回避するために .txt に拡張子を変更しています。なのでリプレイファイルはダウンロード後、拡張子を .gzr に戻してから、リプレイフォルダに入れてください。ロビー左下のリプレイボタンからリプレイを再生します。
注意:8/16のメンテより多ボタンマウスのサイドボタン、及びGunz Mouse Re-binderが再び使用不能になっています。
注意:2/13のメンテで再び使用可能になりました。
注意:2/9のメンテより多ボタンマウスのサイドボタン、及びGunz Mouse Re-binderが使用不能になっています。

これからKS系テクニックの解説をしていくわけですが、その前に先ずは環境を整備しましょう。

1.マウス感度の調整
GunZのオプションからマウスの感度を調整しましょう。マウスの感度を高くすると、少ないマウスの動きでより大きな動きが可能になります。ただし、上げすぎると今度は逆に精密な動作が難しくなります。調整の一つの目安は「キャラクターを180度回転させる操作が、楽に行えるマウス感度」でしょうか。私はGunZを始めて二週間ほどの間、デフォルトのマウス感度でプレイをしていましたが、視界を真後ろに移動させる操作がどうしてもスムーズに出来ませんでした。感度を上げてからしばらくは、デフォルト設定に比べてダイナミックになる視界の変化に戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。

2.5ボタンマウス等、ゲームマウスの準備
恐らくほとんどの人は最初、所謂普通のマウスでGunZをプレイすると思うのですが、やはりそのほとんどの人は、複雑で高速な操作が要求されるKS系テクニックに根を上げる事と思います。私は上げました。5ボタンマウスを使うと、後述するFS、QS、SS等の操作が異常に楽になります。(もちろん個人差はある事と思います)

極まれば5ボタンマウスでも通常の2ボタンマウスでも変わりなくプレイできるのだとは思いますが、これには相応の学習(練習)コストがかかります。そして学習(練習)コストをかけるべき項目は他にいくらでもあります。マウス購入分の出費でこの学習曲線を緩やかにできるのなら、大して惜しくは無いと思える人は、是非専用のマウス購入を検討してください。家庭用ゲーム機のガンシューティングだって専用のガンコンを使います。そう自分に言い聞かせて、ゲームマウス業界の振興に寄与しましょう。

私はMicrosoft Intellimouse Explorer 4を使用して、2つのサイドボタンにそれぞれ、近接武器切り替えとメイン武器切り替えを割り当てています。サブ武器でのKS系テクニック使用は今後の課題です。

3.Gunz Mouse Re-binderの導入
極まれば(中略)Gunz Mouse Re-binderの導入をお勧めします。

Gunz Mouse Re-binderはマウスの右クリックにガードボタンを割り当てる事のできるツールです。

私は小指を駆使したガード操作だけは、どうしてもマスターできませんでした。現時点では単なるキー割り当てツールであるGunz Mouse Re-binderは禁止事項に当たらないようです。ただ、お勧めはしていますが、もちろん自己責任で。


次回は壁斬り昇り、BS(バタフライステップ)、FS(フラッシュステップ)、SS(スラッシュショット)、QS(クイックスイッチ)をリプレイ動画を交えながら解説します。(リプレイ動画の再生にはGunZクライアントが必要です)
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。