上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チート対策パッチで5ボタンマウス等使用不能に

二週間ほど休止

再パッチで以前の環境に戻り、ぼちぼちと再開。二週間のブランクは予想外に大きくリハビリ状態。

新PC稼動

新しいキーボードのキーストロークが、これまで使っていたノートPCのものと大きく異なり、BSができなくなる。

BS再習得。休止前のレベルぐらいに復帰。

スペース(ジャンプ)を押すのに使っている左手親指の右側面部がもげそうになる。←今ここ
スポンサーサイト
自分の出しているにおいには、よっぽど気をつけていないと鈍感になってしまうものだ。また、においはきつければきついほどに好き嫌いの出るもので、多くの人は無難な匂いを軽くまとう程度に留めている。しかし、疑うという事、自分を疑うという事を知らない人は、そんな事もおかまいなしに悪臭を振りまく事がある。そして、インターネットはそんなものまでも素早く迅速に広げてしまう。

世の中には色んな思想や信条がある。それはいい。個人の自由だ。その思想や信条をインターネットを使って発信する。これもいい。環境があるならば、色んな人と議論をして思想なり信条なり親交なりを深めれば良い。

ただ、自分が理解もできず人に説明もできないようなものを根拠に他人を罵倒する事だけは勘弁して欲しい。あまつさえそれを理解しようとしている姿に、罵声を浴びせるような人には嫌悪を感じずにはいられない。それは宗教の看板を付けていない宗教だ。理解しようとする行為自体が背信なのだと言われれば、確かにそんな宗教もあるのかもしれない。

そして、そんな看板無き宗教に傾倒し、思考を停止している人というのは意外と多いのかもしれない。だから、そんな疑う事を知らない人達を利用しようとするメディアの体質はいつまでたっても変わらない。結局メディアに対して上がっている猜疑の声はまだまだか細く、商業的にも大した影響を及ばすことの無いマイノリティの主張に過ぎないのだろうか?
あるURLがdel.icio.usにブックマークされているかどうかを調べるには

http://del.icio.us/url/MD5(url)

を取得すればいい。

たぶん、そのうち使う。
注意:現在のdel.icio.usでSimpl.icio.us再現CSSを使うとたぶん表示が崩れます。
私用userContent.cssの方は現在のdel.icio.usに対応させました。

Greasemonkeyのdel.icio.us用スクリプトを探していたところ、del.icio.usのデザインを変更するスクリプトを見つけました。

Simpl.icio.us

適用してみると、なるほど。デザインの好みはあるかもしれませんが、シンプルで見やすくなったような気がします。ただ、del.icio.usのCSSを書き換えるためだけにGreasemonkeyをインストールするのもなぁ、という向きもあるかもしれません。

usercontent.css - Firefox まとめサイト

Firefox1.5から特定のwebサイトに、前もって設定しておいたCSSを適用させる事ができるようになっているようです。そこでこの仕組み、ユーザスタイルシートを使ってSimpl.icio.usを再現してみました。

 FC2ブックマークからdel.icio.usへ、利用するSBMを変更しました。FC2ブックマークはブックマークしたサイトのキャプチャ画像が表示されるという、ただ一点で使っていたのですが、細かい使い勝手や不具合、ブックマーク用のFirefox拡張がいつまでたってもFirefox1.5に対応しない等の理由から変更を決めました。(というわけで併せてFirefoxも1.0.7から1.5.0.1にバージョンアップ。)

さすが本家SBM、del.icio.usだけあってFC2ブックマークを使っていた時に感じていた痒い所に手が届く完成度です。メニュー等が英語のみの提供なのが唯一の欠点でしょうか。
How to tell the difference between Web 1.0 and Web 2.0

大笑い。

最近は、βという表記が免罪符に使われているような感じを受けるwebサービスも多い。Googleが凄いのは、普通の人が期待する所の100%の完成度のサービスをβとして公開して、その後ユーザからのフィードバック等を受けて、更にそこから150%を目指すからじゃないだろうか。

ユーザと共にサービスの改善を進めるつもりがあるなら、まずユーザを獲得しなければならない。
textorizer

画像のURLと使用する単語(複数可)を入力すると、元となる画像を単語で描写したものがSVG形式で出力されます。(元になる画像のサイズは128KBまで)

ただしSVG形式のため、閲覧にはFirefox1.5やSVGビューワが必要となります。
Javascript Ball Simulation

画面右のコントローラで様々な環境設定や、ボールの追加が可能。元気に跳ね回る、1ダースほどの硬そうなクッキーには涎が出ます。

via digg
2/13 Xtrap内容更新のお知らせ(IE専用)

実際に確認しましたが、私の使っている5ボタンマウス、Gunz Mouse Re-binder共に使用可能となっています。

gunz.jpg


太字での力強い告知が、前回の仕様変更による接続者数減がそれなりに大きいものだったんじゃないかな、と思わせます。
 結構前から話題になっていて、気にはかけていたけれど面倒臭くて見てすら無かったdiggなんですが、とりあえずトップページのRSSをFEEDBRINGERに登録してみました。

 読者として、diggの記事は確かに面白い。英語嫌いには少し辛い部分もあるけれど。

 これはやはり優れたユーザインターフェースと、それによって作られたdiggコミュニティの勝利なのだと思う。diggはニュースサイトだ。いかに面白いニュースを参加者に集めさせるか、この点を意識したユーザインターフェースが上手い具合に参加者を誘導する事に成功している。

 ユーザ/コンテンツ共生型のサービスにとって、いかにユーザインターフェースが重要な要素なのかが良く分かる。
2/9 メンテナンス完了の案内(IE専用)

念願のチート対策が来たようです。ありがとう。ありがとう。でも5ボタンマウスのサイドボタンまで使用不可能になるのは想定外です。Gunz Mouse Re-binderは覚悟していましたが。

2/9 ツール使用に関して(IE専用)

今後、一部は使用可能になるかもしれないがまだ検討段階との事。

いやぁサイドボタンないとどうしようも無いなぁ。とは言えコロコロボボボになる気も無いので、徐々にキーボードでのスイッチ、ガード操作に慣れていくしか無い。

さて、実は今までGunzをノートPCでやっていたんですが、先日新しいPCを購入しました。ディスプレイの方が再来週に届くので、どうせキーボードでのKSに慣れるならそれを待って練習したいと思います。なので、しばらくGunzはお休み。
タウン・・DM

達人chのDMでも部屋によってはkill/dethが伸びたり伸びなかったり。DMの立ち回りばかりがうまくなるのも、それはそれで危機感もあるので、久しぶりにうちのクランのトップガンとタイマンしてみました。

タウン・・Q(SG+SG)vsG(SG+SG)

タウン・・Q(RV+RV)vsG(SG+RV)

タウン・・Q(AR+SG)vsG(AR+RL)

どう見ても惨敗です。本当にありがとうございました。
AjaxとPHPを使ったワンタイムパスワード方式のログイン認証

即時認証にはAjaxの類が必要ですが、ワンタイムパスワード(チャレンジ&レスポンス)方式を実装するのにAjaxである必要は必ずしもありません。先ずはチャレンジ&レスポンス方式とは一体何なのかという所から。
最近"Gunzリプレイ"で検索して来てる人が多いのでリプレイ動画を上げてみよう。最近気が付いたのだけれど、前に使っていたブログサービスがいつの間にか100MBまで無料になっているのでそっちにgzrファイルを置いています。

城DM

タウンDM

 最近フリーチャンネルのDMに入ると、ほぼ100%の確率でチータが襲撃してくる事。

 RVで狙撃して殺した相手がいきなりこっちをkickしてきて、「あいつ空飛んでた」とか言い出してそのまま追放された事。

BOT・チートの類はどのオンラインゲームでも悩みの種という事か。Gunzの場合はプレイヤーの投票によって不正(だと思われる)プレイヤーを部屋から追放する事ができる。正直、この機能があるからGunzがゲームとして機能している面もあるだろう。

ありがたい機能ではあるのだが、冤罪の問題もある。

チータの襲撃が稀なアクシデントなら、追放投票が始まっても皆投票には慎重になるだろう。私も基本的には自分の目でチートを確認したプレイヤーにしか追放票は入れない。しかし、kickしてもkickしても3回も4回もチータが襲撃してくる状況では段々と慎重さも失われ、追放投票が始まると即追放されるような状況になってしまう。

さすがに高レベルの達人チャンネルでは、今のところほとんどチート使用は見かけない。(とは言え、目に見えず確認し辛い無敵チート等は使用されているのかもしれないが)だが、現在のフリーチャンネルのチータ乱入率は異常だ。kickしておけばプレイが続行できていた第一段階を越えて、冤罪による追放が容易に行われてしまう第二段階を迎えつつある。
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。