上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本版GoogleニュースでのRSS提供が開始されました。そして一日で終了しました。そしてGoogleニュースでのRSS提供開始を報じた、インターネット上の記事もGoogleニュースでヒットしないという不思議な状態です。

日本版GoogleニュースでのRSS提供は何かしらの事故で誤って提供してしまったのではないかと思います。以前からGoogleニュースはパラメータにoutput=rss(or atom)を指定すると、空のRSSフィードやAtomフィードを返してきていました。現在はこの通り以前と同様に空のフィードを返してきます。(このフィードをRSSリーダに登録しておくと提供開始チェックに使える)

以前から社内では業務に関連したキーワードについて、Googleニュースへのリンクを活用してもらっており、今回のGoogleニュースでのRSS提供を機会に、自作のRSSリーダを使ってもらいRSSの有用性について実体験してもらおうと思っていたので、非常に残念です。既にwebベースのRSSリーダを作りかけてしまったので非常に残念です。
残念がってばかりいてもしょうがないので、GoogleニュースRSSを自作する事にしました。

まず思い出したのがこのニュース

Google Newsの「RSSフィードお断り」にプログラマーが不満

GoogleNews(本国)のページ(HTML)からRSSを生成して公開していた人が、googleから警告を受けたという、「お前が言うな」とgoogleに言いたくなる話。それはevilだよ。

それはさておき記事内のリンクを辿ると、件のGoogleNewsのHTMLからRSSを生成するPHPスクリプトが手に入ります。

Gnews2rss

これは単体のPHPファイルで構成されていて、(PHPの実行環境があれば)簡単にGoogleNewsのRSSを生成できました。ただし、日本版Googleニュースからは何故かうまく生成できなかった。HTMLからRSSを切り出すのに必要な正規表現の記述が英語版と日本語版で異なるのかもしれません。

正規表現は苦手なので、それ以上ソースを読むのを止めとりあえず手を止めました。だからいつまでたっても正規表現が苦手なままなんだよ。

それはさておき、次に見つけたのはgnews2rss-jp。ずばりそのままな名前。

gnews2rss-jp

素晴らしい。素晴らしいけど、ソースが見つからなかった。そこは自前で生成したいのでサービスではなくソースが欲しい。出来ればPHPで。そして、最終的に見つけたのはこれ。

PHPで何でもRSSにしてしまう(Googleニュースの検索結果をRSS化)

このgooglerss_rss.phpで無事、欲しかったGoogleニュースのRSSは手に入れる事が出来ました。ソースはとてもシンプルなものなので、私のようなへたれでも簡単に弄る事ができます。

とりあえずRSSで出力するitemの件数を指定するnumと、ニュースを検索するキーワードを指定するqのみ、getで取得できるように変更しました。(それと、うちはUTF-8環境なので文字コード絡みを)

本家RSSが提供再開してくれれば済む話なんですが、ニュースメディア側との交渉がもつれてるんですかね。そうそう、一時的に公開されていたGoogleニュースのRSSフィードなんですが、元記事へのリンクURLは直ではなく、一度googleを経由するようになっていました。恐らくGoogleニュースのRSS経由で、ニュースサイトに流れたトラフィックを把握するためでしょう。item内のリンクURLをキーにRSSフィードのitemを合成
するような処理をする場合は注意しておく必要がありそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。