上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SortedTable

demo

ライセンスはCC

主な機能は列のタイトルクリックでのソート、奇数行・偶数行での色分け表示、onMouseoverで行のハイライト表示、onClickで行の選択表示。Aテーブルのある行を選択して、Bテーブルにその行を移動させるような事もできます。

使い方は簡単。Event.jsとSortedTable.jsをページに取り込み、上記機能を組み込みたいtableにclass="sorted"と指定してやるだけ。

以下はSortedTableを用いた単純なサンプル。
SortedTable sample
A列とD列にはnosortを指定しています。
インデントとかがおかしいのは私がおかしいからです。

ドキュメントはこちら。

追加したい機能
DataGridのようにセルをクリックする事で、Excelライクにセルの値を編集できる機能。

・saveボタンを押す事でDBを更新する機能。(別にAjaxでやる必要性は感じない)

・Ctrl+Sでsaveのキーボードショートカット

・Ctrl+Z

・テーブルの行数が増えるとやはり重たくなる+扱いにくくなるので、レコード件数が多い場合は自動で複数タブ(シート)表示にする機能。(一枚目以外のタブをAjaxで読み込む?)

このあたりの機能を追加すればwebアプリのデータ更新(表示)用フォームとして、かなり便利に使い回せそう。上の二つはやるかも。やらないかも。たぶんやる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。