上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gs1.jpg


Googleからこんなメールが届いたので早速試してみる。

gs2.jpg


Hello Google Spreadsheets!
gs3.jpg



gs4.jpg


画面上部に「Format」、「Sort」、「Formulas」という3つのタブがあります。書式を操作する場合はFormat、並べ替えをする場合はSort、数式を入れる場合はFormulasのタブへ移動します。

セルの移動等、Excelと微妙に操作の違う部分もありますが、基本的にはExcelの操作感覚で行けます。セル上で右クリックをしても普通にブラウザの右クリックメニューが出るので、そこは少し戸惑うかもしれません。

gs5.jpg


ドラッグによるセルの範囲選択も可能。日本語もしっかりと通ります。

gs6.jpg


セルを範囲選択した状態でChoose Formatボタン。選択できる書式の一覧が出てきます。どうやら現段階では日本円表記はないようです。

gs7.jpg


えらく物価が高くなってしまいました。

gs8.jpg


フォントの一覧はこの通り。

gs9.jpg


セルを結合したり、中央寄せをしてみたりと色々いじってみました。罫線には対応していない?

gs10.jpg



gs11.jpg



gs12.jpg


この合計範囲の指定もドラッグで可能です。

gs13.jpg


Formulasタブ、画面右上のmoreボタンから使用できる関数の一覧を表示する事ができます。

gs14.jpg


シートの追加は画面左下から。

gs15.jpg


ファイルメニューです。

gs16.jpg


ファイルメニューのOpenから、ローカルPC上のファイルもアップロードできます。

gs17.jpg


タブを閉じようとした所、こういったメッセージが表示されました。ブログの編集画面にも是非こういった安全装置が欲しい所。

gs18.jpg


さて、Excelのファイルを読み込ませて見ます。Excelのバージョンは2003です。

gs19.jpg


やはり罫線は再現されていませんが、SUM関数の数式はしっかりと読み込まれています。B列のお尻にアンダーバーが表示されているのは謎ですが、実際にセルの中身を見てみると、ちゃんとした数字が入っています。

gs20.jpg


Excel形式でダウンロードしてみます。

gs21.jpg


やはり罫線の情報は消失しているようですが、それ以外にはこれといった欠損は見当たりません。単純なファイルなので、複雑なファイルを読み込ませた時にどうなるかが焦点です。

gs22.jpg


試しにGoogle SheetsからダウンロードしたExcelファイルをOpenOfficeで開いてみました。ちなみに、一番最初の元になったExcelファイルをOpenOfficeで開いた所、Google Sheetsで表示されていたアンダーバーは表示されず、罫線も見事に再現されていました。

Google Sheetsサーバ上でOpenOfficeを動かしているわけではないのかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。