上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンス・ダンス・ダンス

読了。

上巻を読み終わった時点で、村上春樹にしてはストレートな小説だと思ったが、それもそのはずで、これは「僕」が現実を取り戻すまでの物語だ。だからこれまでの三部作よりもずっと生臭い。

死は死としてはっきりと生々しく書かれるし、物語が終わる頃には「僕」は既に月の住人ではなくなっている。


* 風の歌を聴け (1979年『群像』6月号)
* 1973年のピンボール (1980年『群像』3月号)
* 羊をめぐる冒険 (1982年『群像』8月号)
* 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド (1985年6月 新潮社・純文学書き下ろし特別作品)
* ノルウェイの森 (1987年9月 講談社より書き下ろし)
* ダンス・ダンス・ダンス (1988年10月 講談社より書き下ろし)
* 国境の南、太陽の西 (1992年10月 講談社より書き下ろし)
* ねじまき鳥クロニクル (『新潮』1992年10月号?1993年8月号、1994年4月・1995年8月 新潮社より書き下ろし)
* スプートニクの恋人 (1999年4月 講談社より書き下ろし)
* 海辺のカフカ (2002年9月 新潮社より書き下ろし)
* アフターダーク (2004年9月 講談社より書き下ろし)


長編小説のリストをwikipediaより。
ノルウェイの森の次の作品だと考えると確かに納得できる。

まだ読んでいないのは、

* 国境の南、太陽の西
* ねじまき鳥クロニクル
* スプートニクの恋人
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。