上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピュータが絡む話ではよくキロ・バイト、メガ・バイト、ギガ・バイトといった単位が使われます。これはSI接頭辞と呼ばれるものから来ていて、これがそもそも10進数を想定したものなので1KBと表記した時に1024バイト(2^10)なのか1000(10^3)バイトなのかが不明瞭だという問題があるのですが、2進接頭辞なるものが1998年頃、IEC(国際電気標準会議)によって承認されていたんだとか。

1000なのか1024なのか問題の存在自体は認識していましたが、2進接頭辞の存在はずっと知りませんでした。認知されなさすぎというか、別にその程度の曖昧さが問題になるケースが世の中には少なすぎるという事でしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。