上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ロキ潰しとアサシンクロスのステータス、武器選択についてもう少しだけ続きます。


lokis.jpg

※ROratorioのEDPに関する内部処理の修正に伴い再計算しています(2005/06/30)

前回のシミュレートは支援について、ブレス、グロ、属性付与のみを考慮していましたが、今回はそれ以外の支援スキルとの複合についてシミュレートしてみます。

・ゴスペルによるステータスALL+20効果を得られた場合

loki2s.jpg


当然と言えば当然なのですが、ダメージ効率、ロキ中断率において(A)(B)ともに同様の底上げがされています。

・ゴスペルによるATK*2効果を得られた場合
前編のシミュレート結果を二倍にすればだいたいの計算(実際には*1.8程度)ができるため、図は作成しません。

・LUC1+4+30、ダンスの練習Lv10を持ったダンサーによる幸運のキスLv10

loki3s.jpg


幸運のキスの計算式
クリティカル率上昇=10+スキルレベル+[ダンスの練習Lv / 2] + [ダンサーのLuk / 10](アサでカタール装備の場合これに*2)

つまりLUC35のダンサーでもカタール装備のアサだと、(10+10+5+3.5)*2=57%のクリティカル率向上が得られるわけです。

さてダメージ効率の視点だと、こちらもやはり(A)(B)ともに+7裏切り者がトップとなりますが、特筆するべきは(A)+7裏切り者におけるダメージ効率とロキ中断率の向上です。

(A)にステータスALL+20した場合1.5倍程度のダメージ効率上昇が見られますが、幸運のキスでも1.4倍程度のダメージ効率上昇が見られます。これは(A)+7裏切り者のクリティカル率がほぼ100%になるためです。ちなみに(B)にステータスALL+20で1.4倍程度、幸運のキスで1.1倍程度の上昇が見られます。これは元々裏切り者でのクリティカル率が高い(B)のステータスでは(A)に比べると、幸運のキスの恩恵が低いためです。ステータスALL+20と幸運のキスの両方を貰えた場合は・・ここではシミュレートしません。想像して脳汁を垂らしてください。

つまり、LUC切りのEDPアサシンクロスにとっては同盟のダンサーを口説いて、幸運のキスLv10をとってもらう事がゴスペル並に重要だということです。ダンサーの口説き方については本エントリの趣旨から外れるので、ここでは触れません。各自研究して私にフィードバックしてください :)

ここからはアサシンクロスのステータス考察というよりも、ロキ潰しの戦術に傾きます。

・効果的なPT編成
私はロキ防衛を攻略する予定があるGvでは、ロキ潰しに特化したPTを編成して運用するべきだと考えています。構成はバーサクLK・VITEDPアサクロ・グロリア持ちプリ・キスダンサー・リンゴ夕日バード(詳しくは触れていませんが、AGI25バードの夕日で1.3倍程度のダメージ効率上昇が得られます)・ゴスペルパラディン・献身クルセ等です。

・幸運のキス(夕日)の取得について
夕日Lv10についてはロキの前提なので持っているバードも多いと思いますが、幸運のキスLv10についてはジーク・ニヨルドを取らない場合切っているダンサーも多いと思われます。連合に一人もキス持ちがいなければ、一人ぐらいはキスLv10取得を推奨しても良いのではないでしょうか。

昨今LUCの相対的な地位低下(理由はいくつかある)によって、アサクロでもLUCを切っている(A)タイプのようなアサシンクロスが増えてきています。LUC切りアサクロの通常攻撃において、ゴスペル並に有用な幸運のキスはもう少し評価されても良いのではないかと思います。

もし、連合の運営メンバーに幸運のキスの有効性について啓蒙する場面があれば、どうぞこのエントリで使用されているデータをご自由にお使いください。データの誤り等の指摘があればコメント欄へお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。