上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows+VMware+LAMP+Eclipseで自宅開発環境を構築する
CentOS5.5にnginx0.8.53+node.js0.4.7+Redis2.2.6をインストールする

の続きです。

nginxで一旦全てのリクエストを受け、静的ファイルならnginxで返して、動的ファイルはnode.jsで書いたWebサーバへ渡します。


listen 80;
server_name 本番ドメイン名.dev;
access_log /var/log/nginx/本番ドメイン名;

location ~ \.node$ {
proxy_pass http://localhost:49152;
}

location / {
root /var/www/vhosts/本番ドメイン名/httpdocs;
index index.html;
}



これでhttp://本番ドメイン名.dev/hoge.nodeにアクセスすると502 Bad Gatewayが返ってきます。次にnode.jsでWebサーバを書いて起動させます。

公式に乗ってるサンプルを元に/var/www/vhosts/本番ドメイン名/node/server.jsへ


var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
res.end('Hello World\n');
}).listen(49152, "localhost");
console.log('Server running at http://localhost:49152/');


を作成。node server.jsでサーバを起動させます。http://本番ドメイン名.dev/test.nodeへアクセスして、Hello Worldされたら動作確認完了。

拡張子.nodeに惹かれたのでこういう設定にしてますが、nginx側に存在しないファイルならnode.jsにプロキシする方式の方が良いかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。