上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日はMADDY A CAT'Sに雇われてのB2攻略。箱庭、カボチャ、tFACも雇われていたので、傭兵連+Maddyの趣。実際にはBを攻め回る予定だったんですが結果的にはB2での攻防に終始する事となりました。

そしてGv開始。
スタートダッシュGOGOGOGOGO!!!

2005-10-16a.jpg


非常にスムーズにスタートダッシュが決まり、私が敵防衛ラインを確認した段階では城主の1ギルドしか防衛にあたっていませんでした。なのでさっくりとEBして落城。場面は防衛に移ります。
 第三マップ入口で防衛ラインを構築していたので、自然と第二マップ出口には攻め手が溜まります。

2005-10-16b.jpg

これとは別に第一マップ入口でも制圧戦闘が行われていて、主導権を奪い合っています。第一マップを攻め手が完全に封鎖してしまうと、防衛側が徒歩で復帰する事が非常に難しくなり、逆に防衛側が第一マップを制圧してしまうと、攻め手の突撃要員がスムーズに復帰ができず連続突撃が阻害されます。

ただし、現在はEMC(ギルドマスターの隣接セルにギルドメンバー全員を一斉召喚するスキル)が普及し始めているため、こういった入口の主導権は以前に比べると相対的に重要度が下がっているようにも思います。実際この戦闘において防衛側では、死亡者の第三マップ復帰にEMCがフル回転していました。逆に攻め手も防衛ライン前マップでEMCを使う事でスムーズな連続突撃が可能になるでしょう。

2005-10-16c.jpg


EMCにはまた別の使い道もあり、それがこの崖EMC。

マップには崖(壁)と呼ばれる通常は徒歩で通行できない区間があります。(この例では城壁の上と下)崖EMCとは、崖際でEMCを発動する事でギルドメンバーの一部を崖の向こう側にショートカットさせる手法です。例えば通常B2だと第一マップから第三マップに移動する場合は、第一マップ→第二マップ→第三マップ入口(今回の防衛ライン)という道程を経なければなりません。これをショートカットする事で入口に構築されているラインを背中から強襲する事が可能になります。

ただ、この崖EMCはまだses鯖では一般化された手法ではなく、仕様なのかバグなのか議論もあり、私の知る限りではまだses鯖ローカルールも固まっていない状態です。崖EMCの可否については各サーバで色々ローカルルールも分かれているようで、今回のGvをきっかけにses鯖での崖EMC使用可否についての議論が進むのではないかと思います。

個人的な憶測ではses鯖は崖EMC-OKの方向に進むのではないかと思っています。というのも崖EMC使用に対する潜在的な批判勢力であろう、防衛指向の大手連合が自ら使用したという事。そして崖EMCによる攻めを受けながらも防衛側が落城しなかった事から「崖EMCで防衛不利になる?それなら後方のマップにラインを下げるなり何なり対抗手段があるだろう。」という論理展開が進むと見ています。

関連エントリ:MMOのスタートアップに思うこと

2005-10-16d.jpg

閑話休題

 これを受けて急遽、崖EMCで背中から攻撃される可能性のある第三マップ入口から、第四マップ(ER)へと防衛ラインの移動が行われました。この防衛ラインを移動しているタイミングで突入されると非常に怖い事になっていたのですが、幸いそういった事も無く無事にラインを移動できました。(もちろんタイミングを計って行ったんですが)

その後は特に大きな出来事も無く防衛成功。とは言えロキも一枚だったりで結構後衛近くまで切り込まれたりと、冷や冷やする場面はあったんですが、21:50ぐらいに転進したようです。

2005-10-16e.jpg


 前回のGvが120分無制限ログインマッチという散々な状態で、RO引退も考えていたのですが、今回のGvはかなり楽しめました。私みたいな週一回のGvのためにROを続けている類としては、せめてGvだけでも運営側はちゃんとしてくれよ、と。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。