上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今さらという話ですが、OpenOfficeの2.0がリリースされています。

OpenOffice2.0ダウンロード
OpenOfficeガイドブック(PDF)
OpenOfficeに関するブックマーク

 以前、1.0.x系を触っていた時は、「これは洗練されるまでは、まだまだかかるなぁ」と他人ごとに思っていたのですが、2.0を触った時の感触はデジャビュ。Firefoxを触った時の「これは今すぐに使える」という感触と同じものでした。

 まずOpenOfficeそのものの使い心地ですが、これは普段MS-Officeを使い慣れているという事を差し引けば、MS-Officeに勝るとも劣らないものです。ただ、やはり細かい部分での挙動については若干異なるため、そこがストレスになるのは確かです。(Calcのセル内改行はCtrl+Enterだよ)

 次にMS-Office形式のファイルとの互換性についてですが、これも1.0.x系に比べるとかなり高くなっているように感じます。Excel、Wordのファイルを適当に開いてみましたが、だいたい9割程度のファイルはほぼそのままの状態でOpenOfficeでの操作ができます。(ただし、Excelのグラフについては表示が崩れた)問題はマクロを利用したプチアプリファイルとAccessファイルぐらいでしょうか。

しかし、自宅のPCにMS-Officeを入れていないという方であれば、まずOpenOfficeを試してみる事をお勧めします。

OOo1.jpg

 さて、OpenOfficeによるMS-Officeの置換という問題を考えた場合はどうでしょうか。「MS-Officeファイルと高い互換性がある」、「MS-Officeとほぼ同じ操作感」という条件が揃ってもなお、MS-Officeには先行者故の物理的なシェア、マインドシェアによる優位性が存在します。これはかなり大きな障壁で、「OpenOfficeにはライセンス料金がかからない」という項目を出してきても中々埋まるものではありません。(ライセンス料金無料で広告付きMS-Officeもそのうち出てくるかもしれない)そこで、別の優位性を持ち出す必要があります。

OpenDocumentにできてMS-OfficeDocumentにできないRemix

OpenOfficeの発展が意味するもの


今後のオンライン上のドキュメント作成環境とは、単なる「Word/Excel/Power Point的なツールのASP環境」を超えて、これらドキュメントに対する各種サービスを呼び出す為の「サービスプラットフォーム」になると思う。



最新版のOfficeでも実はXML形式での出力はサポートしているのですが、OpenDocumentほど容易に利用は出来ないでしょう。OpenDocumentを表示でき操作できる優れたソフトが無償で誰もが手に入れられる。これがOpenDocumentがRemixされていくための前提です。

GoogleとSunの提携で脚光を浴びたAjaxオフィス・ソフトの可能性

例えばGoogleとSunの提携で本当に注目するべきだと私が思っているのは、GoogleOffice登場の可能性ではなく、GoogleがOpenOfficeの普及を推進するという事とも少しずれていて、GoogleがOpenDocumentをデータの出力フォーマットとしてサポートしていく可能性だと思っています。

Googleが何かしらOpenDocumentを絡めた魅力的なサービスを立ち上げ、web(アプリ)サービスの標準的な出力フォーマットの一つとして、MS-Office形式ではなくOpenDocumentが使われるようになり、webの世界からMS-Officeのシェアを侵食していくというシナリオ、これは十分に有り得ます。

もちろんWorld Wide Web上だけではなく、イントラネットの内側にもOpenDocumentの可能性は広がっています。

私はここ一年ぐらい、ちびちびとExcelマクロ等を用いたプチアプリからWAMP環境への移行作業をしているのですが、この移行先webアプリからの出力形式としてOpenDocument形式を追加する作業を最近行っています。

webアプリからの出力というと、CSVやPDF、MS-Excel等がこれまで選択肢としてあったのですが、OpenDocumentはこれに加えるのに十分な簡易さと利便性があると実感しています。

今後、前述したようなシナリオでOpenDocumentを活用したwebサービスが賑わうようになれば、OpenDocument(Office)の「OSがWindowsでもLinuxでも関係ない」(フォントとかの問題はあるよ)という利点に「Google等が提供する各種webサービスとのスムーズな連携」という利点が加わる事になるでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。