上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GunZ THE DUELは無料のオンラインTPS(三人称視点ゲーム)です。アイテム課金方式をとっており、有料アイテムをレンタルしない限り無料で遊べます。

公式サイト(※IE専用)

デモムービー1
(wmv)
デモムービー2(wmv)

私はGunZが日本でのサービスを開始した時期にこのムービーを見て、「こいつら中にスーパーボールでも入ってるんじゃないの?」とか言ってたのですが、今ではROに費やしてた時間のほとんどをGunZに費やしているヘビープレイヤーになってしまいました。

オンラインFPS(TPS)をGunZで初めて触ったのですが、これはスポーツに近いですね。GunZを始めて二週間ほどは手首から先を中心とした、普段使わない筋肉が筋肉痛に悩まされました。今ではGunZ筋もそれなりに育ち円滑にプレイできていますが、日々のトレーニング(プレイ)は欠かせません。

さて、GunZのクライアントプログラムはダウンロードできましたか?出来たら次に進みましょう。
GunZwiki(IE推奨)
GunZに関する疑問のほとんどはこのwikiを見れば分かります。このシリーズはこのwikiを再構成したようなものだと思ってもらえばいいかと思います。

 ただしこのシリーズを読むに当たっては、私が持っている最高レベルのキャラはLv27であり、プロチャンネル住人の中でのプレイヤースキルレベルは恐らく中の下程度であるという事に注意してください。つまり、持っている物以上の事は書けないという事です。

1.基本操作の習得
先ずは基本操作の習得ですが、これはクエスト(対CPU戦)がお勧めです。クエストばかりやっていても一向に対人スキルは上がりませんが、基礎の基礎を学ぶには結構いい場所です。上下左右の視界移動、タンプリングによる回避行動、遠距離武器を使ったAIM(狙い撃ち)訓練、これらは全ての基礎になるものです。

ただし、なるべくクエストでレベルは上げないようにしましょう。というのはGunZではレベル帯によって入れるチャンネルが分けられており、Lv11になってしまうと初心者にとっては魑魅魍魎が跋扈する中級チャンネル(とフリーチャンネル)にしか入れなくなってしまうためです。Lv11になるまでになるべく同じ程度のプレイヤースキルの相手と実戦経験を積んで置くべきです。余裕があればタンプリングしている相手への予測射撃等も練習して置きましょう。

また、壁斬り昇りはLv10までにマスターしておくべき必修課題です。やり方は壁蹴りジャンプ→スラッシュ(剣で斬り)→壁に向かってダッシュ→壁蹴りジャンプです。これでどんなに高い壁でも延々と昇っていけるようになります。また、壁が近くにある場所での戦闘でも視界確保や回避のために後々使うようになるテクニックです。Lv10までにはマスターしておきましょう。

GunzではDM(デスマッチ)と呼ばれる自分以外全員敵ゲームと、TDM(チームデスマッチ)と呼ばれる2チームに分かれてのチームゲームが主流です。DMとTDMではそれぞれ有効な装備や動き方が違ってきます。AIMや回避等、純粋な戦闘テクニックを磨くにはDMが良いでしょう。DM部屋では部屋の中にいる限り24時間が戦闘の連続です。対してTDMではチーム戦闘となり、どちらかのチームが全滅するまでが1ゲームです。自分が死んでしまうと、後はそのゲームの成り行きを観戦する事になります。純粋な戦闘時間の効率ではDMに劣るTDMですが、強い人のプレイをゆっくり集中して見る事も出来ます。

2.中級チャンネルの壁
Lv11までは割と楽に上がるので、すぐに中級チャンネルに入れるようになります。しかし中級デビュー当初は確実に勝率がガタ落ちになるでしょう。これは中級チャンネルからは「強くてニューゲーム」のプレイヤーが大量に存在するためです。彼らは実際には高レベルの1stキャラ等が存在し、初心者とは比べ物にならない戦闘時間と経験を積んでいる相手です。例え異常にうまい動きの相手に手も足も出ずぼこぼこにされても気を落とさないようにしましょう。

3.プロチャンネルの壁
やはりプレイヤースキルのレベルが中級チャンネルとは違います。ここでもデビュー当初は勝率がガタ落ちになるかと思います。そんな時には「強くてニューゲーム」をしてみるのも一つの手です。Lv21以上のキャラを持ったプレイヤーは、Lv11までフリーチャンネルでしか戦闘できません。これが中級チャンネルの壁と、プロチャンネルの壁を生み出している原因です。プロチャンネルで挫折し、強くてニューゲームで出直すプレイヤーがいるため、プロチャンネルのプレイヤーは強い者しか残らないのです。

4.強くてニューゲーム
 Gunzはレベルによる装備の差ももちろん大きな戦力差になるのですが、それ以上にプレイヤーの技術による差の方が大きいゲームです。例えLv50のキャラを使っても、初心者が熟練者にタイマンで勝つのは不可能に近いでしょう。強くてニューゲームとはつまり、プロチャンネル到達までに磨いたプレイヤースキルを持ったままLv1のキャラからやり直すという事です。

私の場合は1stのキャラを、KS無しでどうにかこうにかLv21まで上げプロチャンネルにデビューし、壁を感じKSの練習用として2ndキャラを育てました。(2ndは今Lv27)それまで一切触っていなかったKSの実戦訓練をプロチャンネルでいきなり始めると、勝率がガタ落ちになって「KS使わない方が強いよ・・」とモチベーションもガタ落ちになるため、こういった場合に強くてニューゲームはお勧めです。

次回は具体的なKS系テクニック等を紹介します。
コメント
この記事へのコメント
すごいのめり込んでるΣ(゜□゜;)
しばらくIRC繋がない間にそんなことになってるとはー。
2005/12/26 (月) 01:18:49 | URL | 舟月らぴす #R0wPnQNU[ 編集]
(゜Ω゜)
ところでこのブログ、いつの頃からかIEでみると本文がほかのモジュールより下になってて見づらいのですが仕様ですか?
コメント欄かどっかが崩れてるような感じで…。
2005/12/26 (月) 01:23:33 | URL | 舟月らぴす #R0wPnQNU[ 編集]
IEでレイアウトが崩れる件、今確認しました。最近IEが「GunZ立ち上げ用アプリケーション」になっていて全く気づきませんでした:P
2005/12/27 (火) 21:14:20 | URL | oubakiou #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。