上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近フリーチャンネルのDMに入ると、ほぼ100%の確率でチータが襲撃してくる事。

 RVで狙撃して殺した相手がいきなりこっちをkickしてきて、「あいつ空飛んでた」とか言い出してそのまま追放された事。

BOT・チートの類はどのオンラインゲームでも悩みの種という事か。Gunzの場合はプレイヤーの投票によって不正(だと思われる)プレイヤーを部屋から追放する事ができる。正直、この機能があるからGunzがゲームとして機能している面もあるだろう。

ありがたい機能ではあるのだが、冤罪の問題もある。

チータの襲撃が稀なアクシデントなら、追放投票が始まっても皆投票には慎重になるだろう。私も基本的には自分の目でチートを確認したプレイヤーにしか追放票は入れない。しかし、kickしてもkickしても3回も4回もチータが襲撃してくる状況では段々と慎重さも失われ、追放投票が始まると即追放されるような状況になってしまう。

さすがに高レベルの達人チャンネルでは、今のところほとんどチート使用は見かけない。(とは言え、目に見えず確認し辛い無敵チート等は使用されているのかもしれないが)だが、現在のフリーチャンネルのチータ乱入率は異常だ。kickしておけばプレイが続行できていた第一段階を越えて、冤罪による追放が容易に行われてしまう第二段階を迎えつつある。
コメント
この記事へのコメント
最近はまったくGunz触ってなかったけど、チート対策、kick仕様変わってないんですね。
kick3回で数時間その部屋には入れないようにすればいいのにとおもってました。(゜Ω゜)
2006/02/02 (木) 02:28:46 | URL | 舟月らぴす #R0wPnQNU[ 編集]
一回kickされたらそのキャラ(アカウント?)では、その部屋には入れなくなるはず。同じ部屋に繰り返し襲撃があるのは別キャラ(アカウント)からの襲撃か、全く別のチータか。

アイテム課金制で、アカウント作成は無料だからどっちも有り得る。
2006/02/02 (木) 19:02:17 | URL | oubakiou #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。