上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注意:現在のdel.icio.usでSimpl.icio.us再現CSSを使うとたぶん表示が崩れます。
私用userContent.cssの方は現在のdel.icio.usに対応させました。

Greasemonkeyのdel.icio.us用スクリプトを探していたところ、del.icio.usのデザインを変更するスクリプトを見つけました。

Simpl.icio.us

適用してみると、なるほど。デザインの好みはあるかもしれませんが、シンプルで見やすくなったような気がします。ただ、del.icio.usのCSSを書き換えるためだけにGreasemonkeyをインストールするのもなぁ、という向きもあるかもしれません。

usercontent.css - Firefox まとめサイト

Firefox1.5から特定のwebサイトに、前もって設定しておいたCSSを適用させる事ができるようになっているようです。そこでこの仕組み、ユーザスタイルシートを使ってSimpl.icio.usを再現してみました。

■トップ画面の比較
・default
top1.jpg

・Simpl.icio.us再現CSS
top2.jpg

・Simpl.icio.usを元に作った私用CSS
top3.jpg


■my.del.icio.usの比較
・default
my1.jpg

・Simpl.icio.us再現CSS
my2.jpg

・Simpl.icio.usを元に作った私用CSS
my3.jpg


■登録画面の比較
・default
post1.jpg

・Simpl.icio.us再現CSS
post2.jpg

・Simpl.icio.usを元に作った私用CSS
post3.jpg


Simpl.icio.us再現用userContent.css
私用userContent.css

解る人はFirefoxまとめサイト等を参考に、都合の良い様ごにょごにょして使ってみてください。

解らなくて、これまでにuserContent.cssを使った事が無ければ、使いたい方のcssファイルをダウンロードして、"C:/Documents and Settings/USERNAME/Application Data/Mozilla/Firefox/Profiles/HOGE.default/chrome/"に保存してください。Firefoxを再起動してdel.icio.usにアクセスをすればユーザスタイルシートが適用されています。

このように、CSSを書き直すだけのGreasemonkeyスクリプトならば基本的にはユーザスタイルシートで代替できるのではないかと思います。管理はGreasemonkeyの方が楽かもしれませんが。
コメント
この記事へのコメント
以前利用していた、プロバイダの契約解除に伴いリンク先ファイルが消失していましたので、再度公開しました。

http://oubakiou.blog8.fc2.com/blog-entry-191.html
2007/01/19 (金) 10:17:19 | URL | oubakiou #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 The elephant vanishes all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。